大豆イソフラボン&プエラリア・ミリフィカ情報

画像

効果を高める摂り方

イソフラボンの効果を高める食品はいくつかあります。
そのポイントを大きな3つのことについて書きに記してあります。今後元気に過ごすためにも、参考にしていただければと思います。
大豆イソフラボンの効果さまざまなものがあります。
では気になるいくつかの項目について、どのような栄養素や食品の組み合わせがいいのでしょう。
上手く組み合わせることによって、効果をさらにあげることも可能です。

@骨粗しょう症の予防
骨粗しょう症に効果的なのはまずカルシウムであることは、多くの方も予想しやすいと思います。
大豆製品とともに、牛乳・小魚・青菜などのカルシウムを多く含んだ食品と共に摂取するのがいいでしょう。
また、納豆はカルシウムを骨への吸着を助けるビタミンK2も豊富で、とても優れた食品ともいえます。

A悪玉コレステロールの低下
鯵、鯖、鰤などの青魚にはDHAやEPAや、きのこ・海藻類類の食物繊維と組み合わせるといいでしょう。
DHAとEPAには血中悪玉コレステロールと中性脂肪を減らす効果があり、血液をサラサラにする効果があります。
さらに食物繊維には、食事のコレステロールを吸着、排出する働きがあります。

B肌を美しく
大豆イソフラボンを摂取するのと同時に、肉・魚・卵といったたんぱく質を適量取るといいでしょう。それと同時に果物や青菜・緑黄色野菜に多く含まれているビタミンCは、コラーゲンの生成を助けますので、積極的に取ることをお勧めします。
サプリメントもありますので、上手く利用するのもいいでしょう。

さらに@について。骨粗しょう症の予防をかねて、イソフラボン、カルシウム、ビタミンK2を取ると共に、運動を続けることで、骨密度を維持したり、改善することができます。
本来は、若いうちに最大骨量を多くしておくことがもっともいいことです。
しかし、実際にはそのピークを気づいたら過ぎてしまっていた、ということもありえますね。

それならば、いかに閉経前後から骨量減少を抑えるかがポイントになります。
その対策を閉経前後から行った場合、「若いうちに多くの運動をしたことにより、骨量が豊富な人が、その後何も対策をしなかった人」よりも骨量の減少が緩やかになり、最終的には骨量を上回ることもできるのです。
この方法はとてもいい組み合わせなので、ぜひお勧めしたいと思います。

Contents

Pick UP!

Ranking

    実力派!
    総合1位
    キッコーマン 基本のサプリ

    バストアップに!

    ハイスピードプエラリア100

    健康に!
    イソラコン

Other Topics

Copyright© 2010 Isoflavone Power Site All Rights Reserved.