大豆イソフラボン&プエラリア・ミリフィカ情報

画像

更年期障害にも効くの?

なぜ更年期障害が起きるでしょうか。
その基本とともに、最近起こっている年代の変化も見過ごすことが出来ません。その原因と、その予防方法を参考にしていただければとおもいます。
耳にしたことがあるかもしれませんが、「イソフラボンは更年期障害にもいい」という言葉です。

では更年期障害とはいったいなぜ起きるのでしょうか。
それは閉経という大きなイベントによるものです。閉経は一般的には50歳を目安に考えられていますが、当然人それぞれですので、一概には言えません。
あくまでも目安だと考えてください。
閉経前後の5年間ずつを更年期と呼んでいて、そのころに女性ホルモンの一種で卵巣から分泌されるエストロゲンの減少が大きくなります。

しかし、脳の中枢ではホルモンの分泌を促してしまい、その指令に卵巣が要求どおりにホルモンを分泌できない、そしてまた脳の中枢が指令を出して・・・という風にエスカレートしてしまうのです。もちろん脳の中枢はホルモン分泌の指令以外にも、身体機能などをコントロールしているのですが、上記のように指令がエスカレートしてしまうことで、自律神経のバランスが崩れ、体がほてってしまうなどの更年期障害を引き起こしてしまうのです。つまり、この中枢の働きが他の身体機能へも影響してしまうことが原因とも言えるでしょう。この程度歯個人差があるため、ひどい更年期障害に苦しめられる人も、そんなに重症にならずにすむ人も居ます。 上記で触れたように、閉経を境にして急激に起こるエストロゲンの減少が、更年期障害へ影響を与えていることも事実です。

そこで、エストロゲンと似たような働きをする、イソフラボンに注目がされているのです。
イソフラボンを積極的に取ることにより、急激なエストロゲンの低下による不足を補うことで、更年期障害を予防してくれる働きがあるのです。
イソフラボンは毎日の食事で摂取できる成分なので、積極的に体内に摂り入れてほしいです。

最近では、この更年期特有の症状が若年層(20〜30代)にもみられるようになっているようです。それは仕事や子育てのストレスが重なっていることが原因になっています。さらに無理なダイエットなどでホルモンバランスが崩れることによる「更年期障害」と同様の症状もみられ、喫煙なども含めて、ホルモンの減少、骨の老化を早めていることを認識し、20〜30代からも、予防を考えるべきなのです。
こちらのサイトでも、更年期障害、骨粗鬆症にイソフラボンと解説されていました。
誰にでも来る更年期は、その後の健康的な高齢期を迎える為の、心にも身体にも言える準備期間です。

Contents

Pick UP!

Ranking

    実力派!
    総合1位
    キッコーマン 基本のサプリ

    バストアップに!

    ハイスピードプエラリア100

    健康に!
    イソラコン

Other Topics

Copyright© 2010 Isoflavone Power Site All Rights Reserved.