大豆イソフラボン&プエラリア・ミリフィカ情報

画像
Check!

イソフラボンと豊胸手術の比較

イソフラボンにはエストロゲン様作用という働きがあります。
この作用は女性ホルモンと同じ働きを体内で担ってくれるというもの。
その為、ホルモンバランスを整えたり、美肌や美容に役立ってくれるなどのメリットがあります。

しかし、その効果は肌への働きのとどまりません。
なんとバストアップにも有効に働きかけてくれるのです。
女性ホルモンと同じ働きが乳腺の発達に働きかけて、ハリのある自然なサイズアップを可能にしてくれます。

イソフラボンの中でも、特にプエラリア・ミリフィカには優れたバストアップ効果が期待できます。
その理由はエストロゲン様作用の強さ!
実に大豆イソフラボンの40倍ものパワーを持っています。
プエラリア・ミリフィカにはイソフラボンだけでなく、ミロエステロールやデオキシミロエステロールといった強力なエストロゲン様作用を持った特有成分が豊富に含まれているからです。
さらに、美乳効果のあるプエラリンという成分も含まれています。

まさに、バストアップに最適な働きを持つ食材と言えるでしょう。
副作用などもありませんし、現在では技術の発達によって、比較的安価に購入することができる様になっています。

※ただし、原産国であるタイによって加工品のみの輸出というルールが決められてます。
その為、日本国内ではサプリでしか摂取することができません。
しかし、サプリであれば栄養価が凝縮されていますから、非常にスムーズに効果を実感することができるでしょう。

豊胸手術のデメリット

豊胸手術はお金さえ払うことができれば、簡単にバストを大きくすることができます。
その反面、意外に沢山のデメリットがあるのも事実です。

その代表的な例として挙げられるのがメンテナンスです。
謳い文句では【メンテナンスが一生要らない】ととれる様なことが書いてあったとしても、そんな保証はどこにもありません。
実際に、そういった内容のトラブルも少なくない様です。

さらに、手術後の痛みなども大きなデメリットです。
日常生活に支障をきたすほどの痛みが生じることもあります。

当然、値段についても一般人が簡単に出せるような価格ではありません。
クリニックによって価格差はありますが、100万円前後かかるのが一般的です。
しかし、先述した様なメンテナンスが一生を通じて必要になりますから、トータルではさらにお金が必要になるでしょう。

これらのデメリットを踏まえると、豊胸手術によるバストアップは【最終手段】と考えた方が良いかも知れません。
まだまだ安全性には問題があると言えるでしょう。

プエラリアのサプリによるバストアップは一気に結果が出ないという点がデメリットですが、安全性は確実です。
副作用などもありません。
価格に関しても豊胸手術と比べると遥かにリーズナブルです。

自分にとって都合の良い手段をしっかりと考えたうえで、バストアップに取り組みましょう!

Contents

Pick UP!

Ranking

    実力派!
    総合1位
    キッコーマン 基本のサプリ

    バストアップに!

    ハイスピードプエラリア100

    健康に!
    イソラコン

Other Topics

Copyright© 2010 Isoflavone Power Site All Rights Reserved.