大豆イソフラボン&プエラリア・ミリフィカ情報

画像
Check!

腸内環境と美肌

大豆イソフラボンの抗酸化作用やエストロゲン様作用を活用して、美肌・美白に取り組む人は少なくありません。
サプリを摂取することで、アンチエイジングを成功させている人は沢山いらっしゃいます。
しかし、何かの歯車が上手く機能せずに、寸前のところでイマイチ効果を実感しきれていない…
という人がいらっしゃるのも事実です。

そんな場合は、大抵の場合、日常生活のどこかでイソフラボンの働きを邪魔するようなことが起きているのが殆ど。
例えば、便秘になってしまっている状態を放置している等の例が挙げられます。
ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、便秘は美肌づくりの大敵です。
イソフラボンなどの美容成分の働きを阻害してしまうどころか、ニキビなどの肌トラブルの原因にもなってしまいます。
ここでは、そんな便秘を改善する方法を紹介!
しっかりと改善に取り組みましょう。

腸内環境との関係

便秘が引き起こされてしまう原因は、十中八九【腸内環境が悪い】という点にあります。
人間の腸内には善玉菌と悪玉菌が常に勢力争いをしているのですが、その内、悪玉菌が優勢になってしまうと様々な悪影響が生じてしまいます。
その悪影響の代表例が便秘です。

悪玉菌が増えて腸内環境が悪化すると、腸内に毒素が溢れます。
その毒素は便を排出しづらくするだけでなく、腸壁から栄養素と間違えられて吸収され、血液とともに身体中に運ばれてしまうことがあります。
もちろん、それは肌にも届いてしまうのです。
これが肌のくすみやニキビの原因になることもあります。
だからこそ、肌をケアしたいなら便秘を改善して、腸内環境を正常にしなくてはいけません。

悪玉菌が増える原因は【生活習慣】の乱れが最も代表的です。
ストレスや運動不足、バランスの悪い食事などによって悪玉菌は増殖してしまいます。
まずは、食事・睡眠・運動の三つをしっかりと改善してみましょう。
それによって腸内環境が正常になり、便秘も改善するかも知れません。

そうなれば、大豆イソフラボンの美容効果もハッキリと発揮される様になるでしょう。

また、生活習慣を改善しても、なかなか便秘が治らないという場合は乳酸菌を活用してみるのも一つの手段です。
乳酸菌は善玉菌の一種で、腸内で直接、悪玉菌とたたかってくれます。
これによって便秘が解消されるケースも少なくありません。
大豆イソフラボンと乳酸菌は一緒に摂取してもOK!
それぞれに相乗効果が期待できます。
積極的に活用してみると良いですね。

Contents

Pick UP!

Ranking

    実力派!
    総合1位
    キッコーマン 基本のサプリ

    バストアップに!

    ハイスピードプエラリア100

    健康に!
    イソラコン

Other Topics

Copyright© 2010 Isoflavone Power Site All Rights Reserved.